金曜日のスバルくん

パパはいつも、金曜日のお迎え当番(それも今は昔の話…)

連絡帳(日々の記録)

ザリガニ飼いたい問題は、男の子を持つ家庭は避けて通れません。

最近、学校でザリガニを飼っているそうです。生き物に興味を持ち始めたことはよいことですが、まだまだ飽きっぽいので、簡単にOKを出すわけにはいきません。1週間後にはパパがお世話をすることになる可能性が高いです。金魚だけで手一杯なのに、ザリガニまで…

みんなの大好きな、黒くて小さいものな〜んだ?

正解はキャビアです。黒豆の煮付けでもいいですね。決してダンゴムシではありません。みんなが好きとは限らないからです。スバルの手に捕まえられたダンゴムシは、小学校の校庭を離れて、帰宅途中にあった保育園の園庭で離されました。パパが、離しなさいと…

そうじゃないんだってば、それじゃあ前に進まないから!

たぶん何かの間違いだと思うのですが、スポーツも進化するので、全否定はできませんでした。ついでに、バタフライは必要ないと言う話もしておきました。あんな不自然な泳ぎ方は、競技でしか必要とされないと思います。下手すると溺れちゃう可能性も否定でき…

名前をつけるより先に天に召されたカニ?

ハゼのシーズンは、だいたい梅雨明けくらいから始まります。この季節だとサイズが小さかったり、まだ、沖の方にいたりと、釣れる条件が揃いません。どうせ何も釣れないだろうと向かった親水公園でしたが、サワガニが居ました。竿と餌で釣るよりは、網ですく…

ここまでポケモンに見放されるとは…

1回戦目はスバルが自分だけ強いカードをデッキに入れて、最初からそれが出ていたので負けました。2回戦目は、普通にやったのですがパパの手札が悪く、あっさりと負けました。なんだか、もう勝てる気がしなくなりました。しかし、スバル君の成長は目覚ましい…

お、俺の屍を越えていくのか?

痛恨のミスがあったとはいえ、負けは負けです。素直に「参りました」と、スバルへ敗北を告げました。こうやって、子供に追い越されていくのでしょうね…でも、自分のデッキにだけ強いカードをいれていたりしたので、明日はギャフンと言わせてやろうかなと思い…

休むにはもってこいの泳法じゃん?

背泳ぎなんて、クロールに疲れたときの繋ぎ的に使う楽チン泳法だと思っていました。ところが、ママは沈んでしまうそうです。何ですかね、重さとかの問題ですかね…仰向けなら、呼吸にも困らないので、いざというときに役立つ筈です。1つ問題なのは、空しか見…

1日2回も小岩に行くことなんて2度とないだろうね…

小岩までは電車で片道40分ほど。乗り換えは1回です。一度錦糸町まで戻ったら、もう一度行こうとは思いません、普通は…でも、その日は特別です。なんとしても、ポケモンカードゲームを手に入れたい。スバルだけでなく、パパも同じ思いでした。実は、錦糸町で…

奥さん、うまい料理に欠かせないものが何か、知っているかね?

「どんなに優秀なシェフが、どんなに手の込んだ料理を作ろうとも… 奥さん、貴方の愛がこもった料理には敵わないのですよ。そうです。料理は心で作るもの、小手先で繕うから、失敗するのです。ご覧なさい、パパの温めた唐揚げを! なんて艶やかな衣なんだ。あ…

何言ってるんだ、死ぬまでチャンスはあるじゃないか❗

小学生の頃、ちょっとしたマンガを描いて友達に見せていました。中学生の頃も、マンガを描いていた記憶があります。高校になると、映像の方に興味が移りました。このブログが続くのも、絵を描くのが楽しいからだと思います。今は酷く現実的な職業に就いて、…

トランプが…トランプ大統領が、上から…上から降りてきた…

何をそんなに興奮しているのか、いまいちわかりませんでしたが、大型のエレベーターで降りてくる姿は宝塚の舞台のような迫力がありました。それにしても、週末はトランプフィーバーでしたね。たまたま千葉の実家に帰っていたのですが、日曜の朝にヘリコプタ…

本人は全く覚えていないけど、被害者は忘れないものです。

もう立派な足をしているので、蹴られないようにしないとダメージが大きいです。なるべくスバルの方には顔を向けないようにしているのですが、背中を蹴られたり、足を蹴られます。こっちも負けてはいられないので、寝ぼけながらも反撃をしています。でも、ス…

それじゃ、秘密基地じゃなくて単なる基地じゃん…

小学2年生のボキャブラリーでは、正確な位置を説明しきることが出来ません。なんとなくあそこら辺かなというところまではわかりました。いずれにしろ蚊が多そうな場所なので、近寄りたくはないです。パパも秘密基地を持っていましたが、林の中にありました。…

沼の主との1年ぶりの再会🦞

公園の一角にある小さな沼は、毎年この時期から子供達でいっぱいになります。休みになると大人も混じって、静かな沼の周りは騒がしくなります。子供でも簡単に釣れるザリガニ釣りは、小学生にもってこいですね。ザリガニの他には、近所の親水公園でハゼが釣…

21世紀に受け継がれる秘密基地の伝統

しばらく探しても見つからなかったので、友達の家に上がり込んでいるのだろうと思い、ランドセルだけ回収しました。ランドセルがなくなっていることを発見したスバルは、うろたえながらマンション一階のインターフォンを鳴らしてきたので、直ぐに帰るように…

高原の岩清水は最高にうまいな〜

もうすぐ運動会なので、練習にも精が出ていることだろうと、美味しい保存水をペットボトルから並々と注いであげたのですが…親の心、子知らずですね。もし、水じゃなくてメロンソーダとかなら、飲んでくれたのでしょうか?いや、アイスココアだろうか?ともか…

愚者は経験から学ぶらしい

小学校入学直後に、おばあちゃんが買ってくれた、角川の歴史漫画が役に立っています。大人でも忘れていたり、知らなかった史実があるので、真剣に読むと勉強になります。歴史を本格的に習う前に、エッセンスだけでも頭に入れば、後の財産になることでしょう…

魔術の時間

手品の種なんて案外原始的で、シンプルなものが多いです。パパも昔はちょとしたマジックを披露していたので、本をちょと見ただけて3パターンくらいにアレンジを加えることができました。話のネタに、余興にと何かと重宝する手品は、紳士のたしなみのひとつと…

東京2020はすぐそこに来ている❗

オリンピックチケットの申込開始直後は、販売サイトに繋がらない状態が続いていましたが、今朝試してみたら解消していました。早速、開会式のチケットをバスケットに入れて、他に何か見たいものはないかと思案しています。スバルはサッカー、ママはテニス、…

強い奴はみんな毛が生えてるのさ、そうだろ?

小学生の頃、他人よりも早く毛が濃くなってきたパパは、ちょっとしたコンプレックスに思っていました。高校生になると、うっすらと髭も生えてきたような記憶があります。大人になってみると何でもないようなことですが、当時は悩みの種でした。そんなコンプ…

連休に髭を蓄える男たち

体毛濃いめなパパは、比較的早めにいい感じの髭になります。最初の1、2日はジョリジョリ感がありますが、3日目辺りからフサ感が出てきます。髭を生やすと、ヒョロ体型のパパも少し強そうに見えます。(個人の感想です)但し、のびっぱなしの髭は不潔感があるの…

5月病パパは毎月罹ってる

連休が明け、ひとまず日常に戻った方も多いかと思います。うちのスバルは張り切りすぎたのが、今日はお風呂も入らずに寝てしまいました。この時期、不登校になったり、会社を休んだり辞めたりも多いようです。スロースタートで構わないので、何とかリズムを…

キャンプ場のカエルは子供達から逃げるのに必死だった

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」 直前に思い立ったキャンプの為、キャンセル待ちをして、やっと行くことができました。連休前半はお天気に恵まれなかったため、初日は雨キャンプとなりました。キャンプ場に着いた途端に雨が振りだした為、タープとテ…

こどものひ こどもにもちを ねだるちち

平成と令和を跨がった連休も、もうすぐ終わりです。日曜日には更新しないことが多いこのブログですが、リハビリも兼ねての投稿です。文章の流れが酷いですが、堕落していた証と思って下さい。さて、今日は"こどもの日"です。我が家では、スバル君が主役です…

スバルの頭の中はラジコンでいっぱい

昭和の小学生が欲しかったものランキングがあれば、必ず上位に入るはずのラジコン。パパの時代はホットショットとオプティマが、高性能RCカーの代表格だったと思います。低学年の頃はグラスホッパー、ホーネット、マイティフロッグでしたね。懐かしいです。…

コラッ!足でランドセルを閉めるとは何事かっ

華麗な足捌きでランドセルのフタを閉めたので、思わず見とれてしまったのですが、我に返って叱りました。するとスバルは寝室に走って、頭から布団を被って隠れたので、パパは布団をひっぺがしてほっぺたを軽くつねりました。スバルは最後まで笑っていました…

どちらかと言えばそれはファンタジーだな。

どうしたの?と聞いたら、「あのね、ペンギンさんになっちゃってね…」と答えていたので、それは悪夢じゃなくてファンタジーだっ!とパパは心の中で突っ込みを入れました。細部まで結構細かく覚えているところが凄いです。何故シロクマじゃなく、ヒグマだった…

小学2年生が放った魔球で私の体は…

キャッチボールといっても、ドッヂボールの球の投げ合いです。身体はまだ小さいのに、腕をいっぱいに使って投げてくるので、想像以上に威力がありました。でも、コントロールはいまいちなので、取れないと後ろで遊んでいる子供に当たったりして危険です。パ…

モンキーパンチ先生ありがとうございました。

洒落た語り口と際立つ個性、ルパン三世はやっぱり面白いですね。次元も五右衛門も、大人の男としてのある種お手本のようなものを持っています。子供の頃は、毎日のように夕方の再放送を見ていました。今考えると、過激な内容もありましたが、無菌室の中で作…

ドン底から這い上がった虎は何と叫んだのだろうか?

世界最高峰の舞台で5回も優勝するなんて、凄い!なんてもんじゃないですよね。才能と努力、両方が満たされないと実現できない筈です。しかも、ドン底からの復活は、並大抵の努力ではないと思います。常人には成し遂げられないとは思いますが、見習いたいもの…